楳図かずお × otooto22

2014年2月17日 19:18

楳図さんは吉祥寺で毎日のように赤白ボーダーのシャツやジャケットにいつも手ぶらで街歩きをされており、もはや吉祥寺の日常風景を彩るシンボルのような存在でありながら、巨匠のまとう神々しさは微塵も見せず気さくな感じで街で過ごしておられます。
吉祥寺住民だった私も長年よく日常お見かけしていました。もちろん面識はありませんが、一度吉祥寺でジャズの流れる喫茶店のカウンターで隣りの席になって、店のマスターと楽しく会話をされていたのを失礼ながらワクワクしながら横聞きしてしまいました。

今はどの街も同じような店やショッピングセンターばかり出来て、どこの街にいるのか分からなくなっているけど、それが世の流れで仕方無いなら、いっそそこの住民がそれぞれ決まった色の服を着ることにすれば面白いのにと。高円寺は青の服、荻窪は緑で国分寺は茶色とか(あ、中央線の話ですが)。もちろんお膝元の吉祥寺は赤白のボーダーで(ここは完全に脚色 笑)。
街に来た人は、ああ、今自分はまさに高円寺にいるんだと、店なんかに行かなくても駅に降りた瞬間にわかるよねーなんて。
これが深夜、居酒屋の与太話なら特段面白い話でもないかもしれませんが、それが楳図さんの口から発せられる構想だと、ご本人が実践しておられるだけに、その発想力と説得力に感銘を覚えたことを思い出します。

そんな常識に囚われない自由な発想力、行動力により今年77歳にして映画監督デビューすることが、楳図さんだからこそ何の不思議でもなく私たちにもすっと受け入れられてしまいますが、よくよく考えると尋常ではありません。

この9月に公開される処女作映画「マザー」は半沢直樹で強烈な検査官役を演じた片岡金之助さんを本人役とした自叙伝的ストーリーらしいのですが、コメディではなくホラーというのも、まことに良い意味で予想を裏切る作品のようで楽しみです 。もっともホラーは楳図作品の正統かもしれませんが、どうしてもまことちゃんとご本人のグワシが真っ先に思い浮かんでしまいます。
しかも当店でも長く扱ってきた同じく吉祥寺が地元のotooto22が衣装協力。もちろん、おなじみの赤白ボーダーです。

「マザー」
http://mother-movie.jp/

コミックナタリー「マザー」記事
http://natalie.mu/comic/news/105514


と言う訳で前置きが長くなってってしまいましたが、そのotooto22の代表的作品シリーズ、楳図シリーズの新作が33にも到着しましたので、ご紹介させて頂きます。

今回は2011年に発売してすぐに完売となってしまった「わたしは慎吾」パーカーのニューバージョンで、細部にリニューアルが施されてたりします。
他にも同じく「わたしは真悟」のヒロインまりんをデザインしたトートバックや赤×白ボーダーのビアカップや焼酎カップなど楽しさ満載のラインアップです。

PARKA1_500.jpg
otooto22 楳図かずお / わたしは真悟 [サトル&マリン] パーカー2013

TOTO1_500.jpg
otooto22 楳図かずお / わたしは真悟トートバック

beer1_500.jpg
otooto22 楳図かずお / まことちゃん ビアカップ

CUP1_500.jpg
otooto22 楳図かずお / まことちゃん ビアカップ


映画の公開と、吉祥寺を赤白ボーダー一色に染める風景のお楽しみはまだ先に取っておくとして(笑)、まずは自宅の食卓のテーブルや装いから楳図ワールドに染めて行く一歩としてはいかがでしょう。


umezu02_600.jpg

UMEZU01_600.jpg

next thirty three

next33スタッフがshopの最新情報、Gio-Goiや国内のインディースブランドの歴史や関連する音楽、アート、 各アイテムのディテールから、あんまり関係のない映画や本の紹介などを、ゆるーく語ります。
33のTwitterアカウントはこちら
http://twitter.com/33online
pagetop