BINAL RECORD

2015年8月28日 00:08

2010年に生産が終了した「Technics SL-1200」。
今なおDJに愛され続ける商品ですが、9月に新しいTechnicsブランドのターンテーブルが発表されました。
(2014年の復活以降は高級志向の商品が多いため、どのような商品になるのかわからない部分も多いですが…)
また、全米で最後のカセットテープメーカー「National Audio Company」が、創業以来最高の売上額を記録しているそうです。
昨今、様々なアナログ音源に対する需要が伸びてきております。
デジタル全盛の時代において、音の温かみやノスタルジックな感覚が評価されているのでしょう。

ただ、テープやヴァイナルは伸びてしまったり、傷がついたりすると、再生できなくなってしまいます。
そんな再生ができなくなってしまったレコードを、新しい形で「再生」させようというブランドが登場しました。
その名も、沖縄よりエコをテーマに様々なアイテムを提案していく【BINAL RECORD】

そのBINAL RECORDから、今回はスピーカー「ECO SPEAKER NO.1」をご紹介します。
傷などで聴くことが出来ずに廃品となってしまったUSEDレコードを再利用し、電源無しで使用できるスマートフォン用スピーカーです。
11_binal_image_logo(blog).jpg

使用方法は小型スピーカー内臓のスマホ等を再生してレコード内に置くだけ。
再生音量はスマホ等の音量の約2倍に。レコードの構造により遠くまで音を届けてくれます。
binal_4koma.png

パッケージデザインにもこだわり、陳列の際に積み重ねる事でサウンドシステムのように見えます。
Binalrecord_ブツ撮り (25) blog.jpg

レコードの土台にはQRコードがついており呼び込むと音楽のダウンロードも可能。
電源等も必要ないのでインテリアやお部屋のスピーカーとしてだけでなく、専用ボックスに入れることでアウトドアでも活躍するオールマイティーアイテムです。
BR-camp_blog.jpg

BR-kitchen_blog.jpg
スピーカーだけでなく、様々な商品の展開も予定しております。
今後もバイナルレコードから目が離せません!


FACEBOOK https://www.facebook.com/binalrecord?fref=ts
購入はこちらから。

next thirty three

next33スタッフがshopの最新情報、Gio-Goiや国内のインディースブランドの歴史や関連する音楽、アート、 各アイテムのディテールから、あんまり関係のない映画や本の紹介などを、ゆるーく語ります。
33のTwitterアカウントはこちら
http://twitter.com/33online
pagetop