HIGHLIGHT by Ryuji Oguni

2015年10月13日 14:32

皆さんは最近フリーペーパーやZINEは街で見かけたりしましたか?
これらはSNS全盛の今日この頃に、また人気を呼んでいるようです。
自分たちのシーンや、同じような趣向を持っているのではないかと思う人にアピールするためにとても有効なツールでもあります。
それをそんな趣向を持っている人が集いそうな店などに置くことで皆さんの手元へ届けることが出来ました。
実店舗のあった頃の33では、多くのフライヤーと共にZINE(フリーペーパー)も置いていました。
趣向を凝らしたデザインのものを多く眺めるだけでも楽しかったものです。
しかし今はネット環境が進歩して、そんな情報伝達がとても容易になったので、告知ツールとしての意味は限りなく下がったかもしれません。
それでも、物としてのその手触りやレア感は以前にも増して輝いているように思います。
33でも今は商品を購入していただいた方に“HIGHLIGHT"というグラフィック系のZINEを同封しています。
IMG_2529_640px.jpg
そこで大阪で活動しているこの“HIGHLIGHT"の主宰者でイラストレーターのRyuji Oguniさんに、今ZINEを刊行している理由などについてお聞きしました。
1459833_435216276607394_618933204_n.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------

Q、このZINEを始めたきっかけは?
A、 イラストレーターの自己アピール・作品発表の方法は、売り込み・個展など色々あると思うのですが、4〜5年程前からこの"ZINE"というメディアを意識し始めました。
その頃すでに様々なZINEがあり、ここ大阪でも流通していましたがオンラインショップや実店舗を運営される方と知り合った事もきっかけとなり、自己作品の"見どころ" = "HIGHLIGHT"というタイトルでリリースしてみようと思い立ちました。

Q、いつも何部刷って、何処にどの様に配っているますか?
A、なにぶん、ごく小規模でアンダーグラウンドな物なので平均でも400部程度です。
配布は、"ONLY FREE PAPER" さん等の専門店であれば事前に問合せたり、ギャラリーに設置していただいたり、コラボレーションした海外のアーティストを通じてネットワークを広げたりしています。
カスタムトイメーカー "TOYSREVIL"(シンガポール)や、グラフィティマガジン"INVASIAN"(香港)等のブログでの紹介はラッキーでありがたい事でした。

Q、どの様な点に苦労し、どの様な点にやりがいを感じますか?
A、自身のイラスト作品に、設定や物語を付加するというコンセプトで、その内容を考えるのには苦労しています。絵を描くのは好きですが、文章が苦手なので...
ですが、共感した海外アーティストとのコラボレーションや東京のクリエイターチーム"YEALO!" さんとの交流など刺激になったり勉強になる事も多く、楽しんでやっています。

Q、今後の展開は?
A、最近は、平面だけでなくオリジナルトイ(フィギュア)も制作し、複製による量産も考えているので、紙面やSNSの使い分けで情報発信していければと考えています。
そして現在、FREEで配布している通常版とは別にある有料版 "Diversion"の第二弾を製作中ですので、ステッカーやカード等、オマケも充実させていきたいです。

Q、読者や“HIGHT LIGHT"のようなZINを考えている人へメッセージをお願いします。
A、自分もまだそうなのですが、こういったメディアはごく小規模からDIY感覚で気軽に始められるのが魅力だと思います。
最近は、道具も印刷料金も昔より安くて良い物がありますし、気負わずに身近な素材で手作りしてみて、友達に配ったりするのも楽しいと思います!
-------------------------------------------------------------------------------------

今も昔もZINを作る人の想いは変わらないようです。
これからも“HIGHLIGHT"を始め、ZINをやる人シーンを応援したと思います。

また33では、“HIGHLIGHT"の有料版「HIGHLIGHT Diversion」を販売しております。
充実した内容となっておりますので、是非ともお買い求めください。

「HIGHLIGHT Diversion」
¥500(送料、税込)

HIGH1.jpg

HIGH2.jpg

HIGH3.jpgHIGH4.jpgHIGH5.jpg
 

【商品説明】
このZineのタイトルは「HIGHLIGHT - ハイライト - 」といいます。
この言葉は絵で言うと、物体の表面で高原の反射により明るく光る部分であったり他では、抜粋・名場面集、長大なオペラやバレエの聴き所を主にLPやCD1枚に編集した物をその作のハイライトと呼んだり、スポーツニュースなどで特典を入れるシーンなど重要な場面のみをピッグアップしたもの、という意味でもあります。
自身のイラスト作品のハイライトとして皆様に観て頂けたら、という思いで始まりvol,6までリリース出来、番外編としての有料版「HIGHLIGHT Diversion 」が新たに完成しました。
Diversionの意味は転換・流用・気晴らし。
これまでの「HIGHLIGHT」を読んでくれて繋がり、参加してくれた方達を更に詳しく紹介した記事・新カットを加えた総集編として中綴じ冊子にまとめました。

【仕様】
A5サイズ 中綴じ全28P 表紙カラー 中頁モノクロ
通常版バックナンバー&ポストカード付き

【ご注文方法】
メールのみでご注文を承っております。こちらより必要事項を記載の上ご注文ください。
決済は銀行振込のみとなります。お申し込み後にお振込先をご連絡いたしますので、入金確認後に郵便にてお送り致します。

headline

CITY BOYS F.C.新作キャップ

posted on 2015.10.21

HIGHLIGHT by Ryuji Oguni

posted on 2015.10.13

BINAL RECORD

posted on 2015.08.28

ACID CLONE WARS 再臨!

posted on 2015.08.02

SUS by Suspereal

posted on 2015.08.01

LADE x IN DEEP collection

posted on 2015.07.27

CITY BOYS F.C.

posted on 2015.07.22

東京STANDARDS2

posted on 2015.05.16

next thirty three

next33スタッフがshopの最新情報、Gio-Goiや国内のインディースブランドの歴史や関連する音楽、アート、 各アイテムのディテールから、あんまり関係のない映画や本の紹介などを、ゆるーく語ります。
33のTwitterアカウントはこちら
http://twitter.com/33online
pagetop