CPU Records

2018年3月24日 12:02

centralprocessingunit.jpg

エレクトロやIDM、テクノといった楽曲をリリースしているインディペンデント・レーベル、Central Processing Unit, 略してCPUは、2012年イギリスのシェフィールドで誕生した。

レーベル創設以来、CPUはMrs Jynx、Annie Hall、DMX Krewといったプロデューサーや、Typheme、Mikron、Cygnusといった将来有望なアーティストの楽曲をリリースし、イギリスのエレクトロシーンにとって重要な役割を担っています。
http://cpurecords.net
 
 
image2-(1)-58190762bf868.jpgのサムネール画像
 
fullsizerender(1)-5819c5fee0de7.jpgのサムネール画像
 
 
そんなCPU Recordsの設立者であるChris Smithから連絡をもらったのは昨年の12月。33のファンでもある彼から、是非ともnext33で商品をリリースしたいというメールでした(なんと実際に吉祥寺まで来てshop33に来店してくれたそう!)。
シェフィールドといえば、The Designers RepublicやWarpなど、33にとっても非常に関わりの深い場所でもあります。
そんなシェフィールドを愛するChrisからの連絡に、33としても是非何か出来ないかということで、コラボレーションTシャツを制作することとなりました。
 
 
cpu-09-2.jpg
 
cpu-002.jpgのサムネール画像
 
 
そんな彼らのロゴをデザインしたのは以前The Designers Republicで働いていたNick Bax。
現在はHuman Studioというシェフィールドのデザインスタジオを運営しております。
 
 
CPU-2017-01.jpgのサムネール画像
 
CPU-2017-06-2.jpgのサムネール画像
 
 
CPUのリリースはごく一部を除き、リリース独自のアートワークはなく、全て白黒のロゴの入ったスリーブに、カタログナンバーが施されています。
これはレーベルのスタンスであり、手に取った段階でどんな音楽なのかわかってほしいという願いが込められています。
そんな特別な意味の込められているレーベルのロゴをあしらい、今回はnext33特別仕様のカタログナンバー 00111100のTシャツを制作しました。
 
 
cpu01.jpg
 
cpu04.jpg
 
 
そんな縁で結ばれているシェフィールドと吉祥寺のコラボレーションアイテム、是非ご覧ください。
詳細・購入はこちらより。

headline

BINAL RECORD

posted on 2015.08.28

ACID CLONE WARS 再臨!

posted on 2015.08.02

SUS by Suspereal

posted on 2015.08.01

LADE x IN DEEP collection

posted on 2015.07.27

CITY BOYS F.C.

posted on 2015.07.22

東京STANDARDS2

posted on 2015.05.16

North East 新作

posted on 2014.03.05

楳図かずお × otooto22

posted on 2014.02.17

next thirty three

next33スタッフがshopの最新情報、Gio-Goiや国内のインディースブランドの歴史や関連する音楽、アート、 各アイテムのディテールから、あんまり関係のない映画や本の紹介などを、ゆるーく語ります。
33のTwitterアカウントはこちら
http://twitter.com/33online
pagetop