Shin Shimokawa

Shin Shimokawa

1980年から18年間ニューヨークに滞在。 ベーシストとしてラメルジー(映画ワイルド・スタイル)をフィーチャーしたノーウェイヴバンドDeath Comet Crew(デス・コメット・クルー、以下DCC)に参加する。またギターやプログラミング等にて数多くのプロジェクトに参加し映画サントラ制作等の活動も行う。 90年代にはミックス・マスター・モリス、ハーバート、マット・ブラック(コールド・カット)を招いてのマルチメディアイベント 『ネオテリック』(足利、新潟、タイ)にDJ/LIVEとして参加。 99年、グリーン・ベルベット、DBX等参加のレイブパーティICM(インディアナ、米)にてヘッドラインを務めドラムンベースのライブ演奏を行う。 2003年、20年ぶりに再結成したDCCのライブを、ニッテイング・ファクトリー(ニューヨーク)で行い好評を得る。 同年ラメルジーとDJ Kenseiのプロジェクトに参加。05年、代官山ユニットにてDCC初の来日ライブ(共演プラスチック・セックス/中西俊夫、野宮真貴他)、翌年にフランスにて開催されたエレクトロ系の大規模音楽イベント『ヌイブランシャ』にてライブを行う。現在は、吉祥寺チーキにてイベント『サイケトロニカ』開催、テクノ系のプロジェクトやダブ系ユニットのUri Duble Nation、DCCのスチュアート・アーガブライトとのインダストリアルユニット『ブラックレイン』等多くの活動を行っている。

主な参加音楽アルバム
『At The Marble Bar』Death Comet Crew(Beggars Banquet)『Don’t Step On Tiny』She Never Blinks (Captain Trip) 『Colloquium』 V.A. /Carlos Peron、Martin Rev(Dark Star)『Black Rain1.0』『Nanarchy』(Fifth Colvmn) 『Anti NY』V.A. (Gomma) 『This Is What You Mede Me』Rammellzee (Tri Eight) 『This Is Rip Hop』Death Comet Crew (Troubleman Unlimited / Delic Records ) 『Number Pieces 2』V.A(Delic Records) 『Now I ‘m Just A Number』Black Rain (Blackest Ever Black)

映画サントラ参加作品
『マリリンとアインシュタイン』(監督:ニコラス・ローグ)『フラート』(監督:ハル・ハートレイ、出演:長瀬正敏他)『JM』(原作:(監督:ロバート・ロンゴ、出演:キアヌ・リーブス他)

Facebook http://www.facebook.com/shin.shimokawa

サイケトロニカは、かつてshop33のお膝元、吉祥寺の30人も入れば満員になってしまう規模でありながら音響が素晴らしいDJバー『チーキー』にて私がオ

デス・コメット・クルー

posted on 2013.05.15

今回で15回目となるこのブログ連載も暫く休止になるという事なので今迄温存してきたデス・コメット・クルー(以下DCC)について書く事にした。DC

Reunion 再会

posted on 2013.03.10

先日テレビのサスペンスドラマでフェイスブック(以下FB)をもじったfacegood に自分の写真と名前を勝手に使われて怒りのあまり殺人事件にまで発

DUB STEP

posted on 2012.12.25

今回は、2012年のまとめで色々と書いてみた。 先日、友人達から「ブログ読んでいます。面白いですね。」と言われ特に海外での体験談等が気に入ったとの

DUB PART2

posted on 2012.11.08

  前回ジャマイカの観光旅行について書かせて頂いたが今回はレゲエやダブについて触れてみた。先日ボブ・マーリーの映画を渋谷での最終日に

DUB

posted on 2012.08.31

今回はここ数年特に興味が湧いてきたレゲエ、ダブやジャマイカについて書かせて頂だいた。このジャンルに関しては、あまり詳しくないのでマニアックな情報等

Jロック2

posted on 2012.07.03

前回に引き続き個人的な思い出や活動も含めて日本のロックについて書かせて頂く。   60年代後半の歌謡曲を聴き平凡や明星の芸能雑誌を

Jロック

posted on 2012.05.14

以前ブログで荒武氏が邦楽について書かれていたし元サーティースリーのTosh氏もマニアックなシティーポップをYouTubeで紹介されている。巷では邦

テクノショップ パート2

posted on 2012.03.28

今回も引き続き90年代中頃のニューヨークのテクノ関連ショップについて書かせて頂く。 前回紹介したリキッド・スカイは、ジャングルやハウス系レイ

テクノショップ 

posted on 2012.02.13

アメリカ90年代前半のテクノやレイブと言えばデトロイトや西海岸がメッカでありニューヨークではあまり勢いが無かったように思えるがそれでも個性的なショ

先日、33の忘年会に出席した。ブログ関連の方々の参加で久しぶりに再会した方や初対面の方もいたが音楽談義に大変盛り上がりとても楽しい時を満喫させて頂

Black Rain ブラックレイン

posted on 2011.11.23

プロフィールで紹介しているデス・コメット・クルーは、ラメルジーをフィーチャーしたノーウェイブ系バンドのイメージが強いが96年にJ マーク/エレクト

流行

posted on 2011.10.16

前回のブログでは80年代後半のロックについて書かせて頂いたが今回はその頃の個人的な音楽活動の紹介(宣伝)と流行との関わりについて書いてみた。

ロックは死んだ! かも

posted on 2011.09.04

前回、前々回とパーソナルな体験談で盛り上がってしまったが今回は、その中間期にあたる80年代後半のロックについて蘊蓄(うんちく)も加えてさらに

90年代、SF ~ Shin Shimokawa

posted on 2011.07.24

前回は、80年代ニューヨークのクラブ体験について書かせて頂いたが今回は、90年代のサンフランシスコ体験について書いてみようと思う。 ※ 9

80年代、NY。〜 Shin Shimokawa

posted on 2011.06.13

テクノの師匠である荒武氏のお誘いによってブログを書かせて頂くことになった。この文章を読んでくれる方々へ私の簡単な自己紹介をさせて頂こうと思う

pagetop